読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PostgreSQLで更新日時を記録する「update_at」カラムを実現させる

データベースを作っていく上で、最低限必要とされているカラムに idcreated_atupdated_atがあります。

MySQLの場合は、

DATETIME NOT NULL DEFAULT CURRENT_TIMESTAMP ON UPDATE CURRENT_TIMESTAMP

とカラムに設定することで、更新時に日時も合わせて更新されるという仕様になっていますが、PostgreSQLにはありません。

そこで、PostgreSQLではトリガーと、トリガーで実行される関数をを仕込んでやっていく様になるみたいで…凄いですね。

create table tests (
  id integer primary key,
  name text not null,
  created_at timestamp not null default current_timestamp,
  updated_at timestamp not null default current_timestamp
);
create function set_update_time() returns opaque as '
  begin
    new.updated_at := ''now'';
    return new;
  end;
' language 'plpgsql';
create trigger update_tri before update on posts for each row
  execute procedure set_update_time();

これを順に実行すればOKでした。

参考:PostgreSQLで更新時のtimestampをアップデートするには | OpenGroove